スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day280(神の使者:P.391、ACIM:T-05.V.05:02-03)

この最後の二つの言葉と、次の二つの言葉、これは癒しに関するJの姿勢全体の要石だ。
ー正気でいる心は身体を癒す。なぜなら、心が癒されているから。正気の心は病を想定できない。なぜなら、誰かあるいは何かを攻撃することを想定できないから。(神の使者:P.391)

Those last two statements plus the next two are like cornerstones of J’s entire attitude about healing.
…Being sane, the mind heals the body because it has been healed. The sane mind cannot conceive of illness because it cannot conceive of attacking anyone or anything.(D.U.:P.308-309)

T-05.V.05:02-03の引用です。

そうした心は正気であり、肉体を癒す。その心自身が癒されているからである。正気の心は病など思いつくこともできない。なぜなら、人や物を攻撃することなど思いもつかないからである。『奇跡講座(中央アート出版社)』

正気であるマインドは、既に癒されているが故に、肉体を癒します。正気のマインドは、誰かを、あるいは、何かを攻撃することを想像することができないが故に、病気を想像することができません。(大内博訳)

正気なので、そうした心はたしかに癒されているのだし、からだも癒される。正気の心は、だれかを攻撃したり何かを攻撃したりすることなど思いつきもしないので、病を思いつくはずがない。(田中百合子訳)

※「この最後の二つの言葉と、次の二つの言葉、これは癒しに関するJの姿勢全体の要石だ。」とあります。これは以下になります。

治癒ということができるのは、救済だけだ。

償いは病人を癒しはしない。病を可能にする罪悪感を取り除くのだ。それこそが治癒である。

正気でいる心は身体を癒す。なぜなら、心が癒されているから。正気の心は病を想定できない。なぜなら、誰かあるいは何かを攻撃することを想定できないから。(当ページ)

エゴは自らを罰すれば神の罰が緩和されると信じている。だが、これすらも傲慢だ。神に罰する意図があるとみなし、次にその意図を自分の特権として利用するから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。