スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day281(神の使者:P.391、ACIM:T-05.V.05:06-08)

ーエゴは自らを罰すれば神の罰が緩和されると信じている。だが、これすらも傲慢だ。神に罰する意図があるとみなし、次にその意図を自分の特権として利用するから。(神の使者:P.391)

He goes on to say, …The ego believes that by punishing itself it will mitigate the punishment of God. Yet even in this it is arrogant. It attributes to God a punishing intent, and then takes this intent as its own prerogative.(D.U.:P.309)

T-05.V.05:06-08の引用です。

自我は、自分で自分を処罰することによって、神による処罰を軽減できると信じている。しかし、ここにおいてさえ、自我は傲慢である。それは、処罰する意図を神の属性とし、それから、この意図を奪って自分自身の特権とする。『奇跡講座(中央アート出版社)』

エゴは、自らを罰すれば「神」の罰を和らげることができると信じています。しかしながら、これにおいてすらエゴは傲慢です。エゴは罰を下すという意図を「神」の属性と見なし、それから、この意図を自分自身の特権にします。(大内博訳)

自我は自らを罰すれば、神からの刑罰を軽減できると信じている。だが、こうすることさえ傲慢だといえる。それは神が罰する意図を持っておられると考えることであり、そのあとこのように意図するのは自らの特権だとみなそうとする。(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。