スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day307(神の使者:P.416、ACIM:T-10.in.01:02)

われわれの議論のまとめとして、「コース」ではこんなふうに教えている。
ー時間と永遠はどちらもあなたがたの心にあり、あなたが永遠を再び獲得するための手段として時間を受けとめるまで、両者はぶつかりあう。(神の使者:P.416)

To start summing up our discussion, the Course teaches you:
…Time and eternity are both in your mind, and will conflict until you perceive time solely as a means to regain eternity.(D.U.:P.329-330)

T-10.in.01:02の引用です。

時間も永遠もどちらもあなたの心の中にあり、あなたが時間を、永遠を取り戻すための手段としてのみ知覚するまでは、時間と永遠は葛藤し続ける。『奇跡講座(中央アート出版社)』

時間と永遠は共にあなたのマインドの中にあり、時間は単に永遠を取り戻すための手段であるとあなたが知覚するまでは、相反するものとしてあり続けるでしょう。(大内博訳)

時間と永遠とは両方とも自分の心のなかにあり、あなたが時間は単に永遠に帰り着くための手段だと見て取らない限り、心に葛藤を生じさせることになる。(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。