スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day314(神の使者:P.427、ACIM:T-04.V.06:06-10)

エゴが狙っているのが、まさしくそれなのだ。「コース」が、こう教えているように。
ー問題に対する先入観によって解決が不可能になることこそ、学習のプロセスを妨げようとするエゴの仕掛けだ。しかしこの陽動作戦のすべてで、当事者が決して問いかけようとしない疑問がある。「何のために?」これこそ、すべてに関連してあなたがたが問わねばならない質問だ。目的は何なのか?それが何であれ、目的がわかればあなたの努力の方向は自ずと決定される。(神の使者:P.427)

Precisely, which is exactly what the ego wants. As the Course teaches you:
…Preoccupations with problems set up to be incapable of solution are favorite ego devices for impeding learning progress. In all these diversionary tactics, however, the one question that is never asked by those who pursue them is, “What for?” This is the question that you must learn to ask in connection with everything. What is the purpose? Whatever it is, it will direct your efforts automatically.(D.U.:P.339-340)

T-04.V.06:06-10の引用です。

解決できないように仕組まれた問題に没頭することは、学びにおける進歩を妨げるために自我が好んで使う手だてである。しかし、これらの陽動作戦を展開する者たちによって決して尋ねられることのない一つの問いは、「それは何のためのものか」というものである。これこそが、すべてのことに関連してあなたが尋ねることを学ぶべき質問である。その目的は何なのか。どのような目的であろうと、それが自動的にあなたの努力を方向づけることになる。『奇跡講座(中央アート出版社)』

解決不可能に設定されている問題に没頭するのは、学びの進歩を妨げるためのエゴの大好きな手段です。しかしながら、このような陽動作戦のすべてにおいて、その作戦を追いかける人たちが決して尋ねることのないのが、"何のために"という質問です。これこそ、すべての事柄との関連においてあなたが尋ねるようにならなければならない質問です。目的は何か。それが何であっても、この質問によってあなたの努力は自動的に方向づけられることになります。(大内博訳)

本題からそれた問題点とかかわることで、本当の問題そのものを隠し、心に気づかせないですむようにと望んでいる。重要でもないことで忙しそうにするのは自我の特徴だが、それはまさにそんな目的のためだ。解決できないように仕組まれた問題などに夢中になるのは、自我が学習の進歩を妨げるために使う得意の手だて。しかしながら、こうして注意をそらせる多くの策略を使おうとする者たちがまだしていない質問が一つある、それは「何のためなのだろうか」という質問。あなた自身あらゆるものに関してつぎの質問ができるようにならなければいけない。何が目的なのだろうか、と。それは何であれ、あなたが努力すべきことにそれが自動的に向かわせてくれるだろう。(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。