スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day336(神の使者:P.470、ACIM:W-pI.154.06)

そう。真の祈りと赦しを実践していると、インスピレーションや指針が得られて、目標も変化するだろう。きみが神のメッセンジャーの一人になる途上にあるのは明らかだ。きみが神のメッセンジャーになる人生はこれが初めてじゃない。いつも「コース」のこの言葉を覚えていなさい。
ー天国のメッセンジャーの役割には、この世界が任命するメッセンジャーと彼らを分ける大きな違いが一つある。携えるメッセージがまず彼ら自身に向けられていることだ。そのメッセージを自分で受け入れて初めて、さらに遠くへと携えることができるし、目的の場所に届けられる。地上のメッセージと違って、彼らは携えるメッセージを自分で書くのではないが、真の意味で最初の受け取り手となり、受け取ることで与える用意をする。(神の使者:P.470)

Yes, and you may find that your goals will change as a result of the inspiration and guidance you receive from practicing true prayer and forgiveness. Obviously, you have been undergoing a process of becoming one of God’s messengers. This isn’t your first lifetime where you’ve been a messenger for God, so it shouldn’t feel unusual to you. You should always remember what the Course says about it.
There is one major difference in the role of Heaven’s messengers, which sets them off from those the world appoints. The messages that they deliver are intended first for them. And it is only as they can accept them for themselves that they become able to bring them further, and to give them everywhere that they were meant to be. Like earthly messengers, they did not write the messages they bear, but they become their first receivers in the truest sense, receiving to prepare themselves to give.(D.U.:P.377)

W-pI.154.06の引用です。

天国の使者の役割には、この世界が任ずる使者の役割とは一線を画す大きな違いがある。彼らが運ぶメッセージは、まず最初に彼ら自身に宛てられている。そして、そのメッセージを自分に受け入れることができたときにのみ、彼らは自分にとどまらず、もっと先にまでそれを運んでいき、意図されたあらゆる場所に届けることができるようになる。地上の使者たちと同じように、彼らも自分が運ぶメッセージを自分で書くことはないが、まずそのメッセージを自分で受け取ることによって、それを与えるために準備するので、彼らは真の意味でそのメッセージの最初の受取人となる。『奇跡講座(中央アート出版社)』

「天国」のメッセンジャーの役割には、この世界が任命するメッセンジャーと彼らとを区別する一つの大きな違いがあります。彼らが運ぶメッセージはまず彼らのために意図されています。彼らがそれらのメッセージを自分自身のために受け容れることができてはじめて、彼らはそれらのメッセージを更に遠くまでもっていき、それらがそこにいるようにと意図されているあらゆる場所でメッセージを与えること、ができます。地上のメッセンジャーと同じように、彼らも自分が伝えるメッセージを自分では書きませんでした。しかし、与える準備をするために受け取ることによって、真の意味での最初の受け取り手になるのです。(大内博訳)

天国の使者たちを、この世界によって任命された者たちと区別できる主な違いが一つある。その使者たちが届ける伝言は、まずその人たち自身に宛てられている。そして、その伝言を自分自身のために受け入れることができるときにのみ、その伝言を自分以外の人にもたらせるようになるし、それが届けられることになっている人にことごとく渡せるようになる。地上での配達人と同様、その使者たちは自分の携えている伝言を書いたのではないが、その人たちは本当の意味でその伝言を最初に受け取ることになるわけで、与えるための準備をするのに受け取るのである。(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。