スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day339(神の使者:P.471、ACIM:T-30.VII.01:01)

「奇跡のコース」は絶対的な真理を教えているし、その真理はたった二語で表せるけれど、受け入れられるのは準備が整っている心だけなの。いまから二千年後も「神はある」という言葉は絶対的な真理だし、神は依然として完壁な愛でしょう。ほんとうの真理は変わらない。でもそれを受け入れるには「コース」が示しているような心の訓練が必要なの。この人生では準備を整えることを選ばない人もいるでしょう。その人たちは神の意味を求め、彼らの考えに向かって世界が開かれることを望む。いまはそれが望みだとしたら、それでけっこう。でもJが「コース」で尋ねているわね。
ー神は世界の意味をあなたの解釈に委ねるだろうか?(神の使者:P.471)

A Course in Miracles is a presentation of the absolute truth, which we have said can be summed up in just two words, but only accepted by a mind that has been prepared for it. Two thousand years from now, “God Is” will still be the absolute truth, and God will still be perfect Love. The real truth doesn’t change. To accept it however, requires the kind of mind training the Course gives you. Some people may not choose to be prepared in this lifetime. They want the meaning of God and the world to be open to their own ideas. That’s fine if that’s what they want for now. But as J asks you in his Course:
Would God have left the meaning of the world to your interpretation?(D.U.:P.378)

T-30.VII.01:01の引用です。

神は世界の意味をあなたの解釈に任せたりしただろうか。『奇跡講座(中央アート出版社)』

「神」は仮にもこの世界の意味をあなたの解釈に任せられたりしたでしょうか。(大内博訳)

神はこの世界の意味をあなたの解釈に任せるようなことをなさっただろうか。(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。