スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day342(神の使者:P.477、ACIM:M-27.06:01)

ゲイリー:そうなんだ。聖書も「コース」も「克服すべき最後は死である」と言っているよね。
アーテン:そう。それできみが死なないのであれば、誰も死なないわけだ。誰も死なないなら、きみも死なない。この二つの考え方は同じだ。(神の使者:P.477)

GARY: Right. I also believe what both the Bible and the Course say, “And the last to be overcome will be death.”
ARTEN: Yes. Now if you can’t die, neither can anyone else. If they can’t die, neither can you. The two ideas are one.(D.U.:P.385)

M-27.06:01の引用です。

「そして、最後に亡ほされるは死なり」『奇跡講座(中央アート出版社)』

"そして、最後に克服されるべきものは死です"。(大内博訳)

「だから、最後に打ち勝つべきことは死である」(田中百合子訳)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FamilyofGod

Author:FamilyofGod
ACIM学習者です。スピリチュアルな事は余りわからないまま、コースに入りました。
「神の使者」を読んだのをきっかけにACIMを学ぶようになりました。
サラリーマンで技術畑を軸にくらしてきたので、スピリチュアルなことに係わる事はありませんでした。なので、実生活では、スピリチュアルなことを話せる友人・知人がおりません。
こちらで色んなお友達ができることを期待してます。
また、ブログも初めてですので色んなことを御教授頂ければと思います。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。